デジタルツールの写真

ミラーレス一眼と行く、カップル撮影旅行

デジタルツールの写真2  ミラーレス一眼はカメラの知識があまりない人でも素敵な写真が簡単に撮れる、ということで最近では大変な人気となっています。一般的なデジタル一眼に比べると非常にコンパクトで、旅行などに連れて行くには最適です。ミラーレス一眼を使った、カップルのコミュニケーション法について紹介します。

◆カップル旅行にミラーレス一眼

 ミラーレス一眼が普及し、街でも首からカメラを提げる人をよく見かけるようになりました。やはりコンパクトかつ軽量というのは利点に他なりません。どこにでも連れて行けて、決定的なシャッターチャンスを簡単に綺麗に残せるというのはとても嬉しいものです。

しかし、どうせ撮るなら見慣れた町並みより、見たこともない場所の方が気合いの入るもの。被写体として恋人を連れて行けば、立派な写真旅行です。ぜひ休日などを利用して、出かけてみましょう。

◆シャッターチャンスはそこら中に!

 出かける際は電車が一番です。可能なら途中下車が可能な乗り放題切符などを用意できると最高ですね。電車から覗く素敵な風景。これは絶対残したい!と心がうずいたら、すぐに降りて撮影会開始です。

彼女にはできるだけ自然な行動をしてもらいましょう。ピースなどされたら(それがいい場合もありますが)ただの観光写真になってしまします。ゆっくりのんびりお話しをしながら、リラックスした表情を逃さないようにシャッターチャンスを待ってください。

目的地についてしばらくフラフラしたら、そろそろ夕飯の時間でしょう。こういう時は、良い写真を撮るというよりは、思い出を残しておくという意味で、料理でもなんでもひたすら撮りましょう。後から見返したときに、きっと思い出が蘇ります。

同時に、彼女の自然な笑顔・行動なども見逃してはいけません。自然体は最高のシャッターチャンスです。お腹いっぱいで気が緩んだ表情など、嫌がられるかも知れませんがジャンジャンシャッターを切っていきましょう。

◆カメラを置いて、カップルの時間・・・

 夜は一旦、カメラはお休みです。光が足りないとか、外に出られないとかそういうことではありません。この時間はカップルが愛を語り合う場面です。今後も良い写真を撮るため(だけではありませんが)しっかりとお二人の気持ちを確かめてください。

一点だけ注意したいのは、旅の疲れなどからくるED症状です。カメラを構えるのは普段使わない筋肉を使うことにもなるので、意外と体力を使うもの。また、慣れない撮影旅行は、体調だけでなく、下半身にも悪影響を与える可能性があります。

しかしカメラは金食い虫ですから、効果な勃起治療薬を購入するのは難しいでしょう。そこでオススメしたいのがバイアグラのジェネリック製品です。通常よりもぐっと安い価格で手に入れることができますので、懐にも優しいでしょう。クリニックのお医者さんに、「ジェネリックでお願いします」と言えば処方してもらえますので、タイミングを見つけて一度受診をご検討ください。

コンパクトで簡単なミラーレス一眼と一緒に、カップル旅行へ出かけましょう。そこで撮影された写真は、きっと一生の宝物となるはずです。