デジタルツールの写真

こんなことまで?デジタルで生活効率化!

デジタルツールの写真2  PC、スマートフォンを使ってのビジネス、ショッピング等は当たり前のものになり、我々は現在様々なデジタル化の恩恵の中で生活しています。

そしてデジタルツールの傾向として顕著なのが、家電や生活とのコラボレーションです。画期的なものから、驚いてしますようなものまでご紹介していきます。生活の効率化を検討しましょう。

◆まるで家政婦!外出先で掃除を命令

 外出中、部屋に掃除機をかけたい。そんなことはありませんか?ロボット掃除機はそんな希望を可能にしましたが、従来は外出前にロボット掃除機を起動する必要があるのはもちろん、長期的な外出の際は掃除そのものを諦めるしかありませんでした。

2016年4月現在、ロボット掃除機トップシェアを誇る「ルンバ」ではそんなニーズを可能にしています。Wi-Fiによる遠隔操作でいつでもどこでもルンバによる部屋掃除が可能です。スマートフォン上のアプリでは他にも、指定日時に掃除をする清掃スケジュールの設定、過去の清掃状況の確認が可能となっています。また、ルンバ内のソフトウェアアップデートでルンパのAIを定期的に賢くしていくことも出来ます。掃除の大幅な効率化が期待できますね。

◆もう鍵をなくす心配はない?スマホで施錠、解錠

 自宅の施錠を忘れた、鍵を紛失したなど、鍵のトラブルは我々の生活につきものです。自動車のキーレスエントリーとは違い、現状家の施錠、解錠は実際に鍵を挿入しての物理的なものでした。2015年8月に登場した「Qrio Smart Lock」というサービスがあります。

物理的なデバイスを部屋の鍵穴部分に取り付け、スマートフォンによる施錠、解錠を可能にするというものです。ドアの前に立てば自動でロック解除する設定もできます。合鍵を作成して誰かに渡したい場合もURLも送るだけ。物理的な鍵は必要ありません。施錠、解錠の履歴もアプリ上で確認出来るので鍵をかけ忘れたか、不必要な心配をすることもありません。デバイスの取り付けも非常に簡単で、個人宅から企業まで幅広く利用されているようです。

◆毎日歯みがきアドバイス!アプリで歯みがき

 驚くべきことに、近年では歯ブラシもデジタル化が進んでいます。ブラウンの歯ブラシシリーズ「オーラルB」の最高峰モデルではBluetoothでスマートフォンアプリと連動しご自身の歯磨き状況を確認できます。歯みがきを始めるとタイマーが起動し、強弱のアドバイスをアプリ上で支持されながら歯を磨いていいきます。

終わった歯みがきはログとして登録され、後から確認できます。サボってしまった日や、朝の歯みがきが短くなっている癖などもひと目でわかるというわけです。歯科医のアドバイスで集中して磨きたい部分があれば登録することもできます。歯みがき中の三分間でビジネスニュースを紹介してくれるといった機能もあるようです。

スマートフォン、PC、ひいてはデジタルツールの普及が文字通り私たちの生活を変えつつあるがお分かりいただけたかと思います。デジタル化された生活に抵抗をお持ちの方もいるでしょう。興味がない方が不必要だと感じるのも頷けます。しかし、デジタル化の真髄は効率化です。便利なツール達と、いい関係を築いて生活をより効率化できればより素敵な毎日が待っているのではないでしょうか。