デジタルツールの写真

見落としがちなカメラ選びのポイント

デジタルツールの写真2  カメラ選び、特にミラーレス機になると、購入の際にチェックすべきポイントも多くなってきます。コンパクトカメラとは違い、画素数やセンサーサイズ、操作スタイルといった基本的なものだけではまだ不十分です。ここでは多くの人が見落としてしまいがちなチェックポイントをご紹介しましょう。

◆手ぶれ補正機能

 最近のカメラでは手ぶれ補正機能が搭載されているのは当たり前です。コンパクトさが売りのミラーレス機では当然、三脚を使用するよりも手持ちでの撮影がメインとなってきますので、必須の機能であるといえるでしょう。

そこでチェックしておきたいのが、この手ぶれ補正が本体に内蔵されているのか、レンズに搭載されているのかです。本体に内蔵されているのであれば、当然レンズを選ばず手ぶれ補正を使用することができます。結果としてレンズの選択肢が広くなるでしょう。

もちろん、純正レンズしか使用しないのであればあまり問題ありませんが、さまざまなメーカーのレンズを試してみたいのであれば必ずチェックしておきたいポイントです。

◆オートフォーカスモーター

 自動でピントを合わせてくれるオートフォーカスも、とても便利な機能です。手軽でスピーディに撮影することができますので、上級者でなくても撮影の失敗を大きく減らすことができるでしょう。このオートフォーカスに必要なモーターも、本体に内蔵しているものとレンズに搭載されているものがあります。

前述の手ぶれ補正と同様に、本体に内蔵されていればより多くのレンズでオートフォーカス撮影を楽しむことができます。ただ、本体にモーターが内蔵されている機種はかなりのハイエンド機に限られてしまいますので、予算と相談しながら決めましょう。

これらは比較的見落としてしまいがちなポイントです。しかし、これによって使い勝手や楽しみ方が大きく変わってきます。カメラを選ぶ基準は人によってさまざまです。もちろん、中にはここでご紹介したような機能は不要だという人もいるでしょう。しかし、知らずに選ぶのと、知った上で選ぶのではまったく違います。

まず、自分に必要か不要かを判断するためにも、しっかりと知識を身に着けた上で自分に合ったものをしっかりと選ぶようにしましょう。