デジタルツールの写真

周辺機器を揃えて作業環境をパワーアップ!

デジタルツールの写真2  パソコンを購入したら揃えておきたい周辺機器をご紹介します。絶対に必要という訳ではありませんが、作業を楽にしたり、突然必要になったりした時などに備えるという意味で、検討されてみてはいかがでしょうか?

◆キーボード&マウスはこだわりを持って

 パソコンの操作に欠かせないのがキーボードとマウスです。しかし、デスクトップを購入すればたいていメーカー製のものが付いてきますし、ノートパソコンにはキーボードとトラックパッドが付いているので、必要性を感じないかもしれません。実際、これらのものでも操作は可能でしょう。しかしより作業を効率化するためには、自分にあったものを選ぶのがオススメです。

まずはマウスですが、今では本当にさまざまなものが発売されています。一般的なものからトラックボールと呼ばれるもの、ノートパソコンのトラックパッドをそのまま取り出したかのようなものまで、探すとキリがありません。

そこで、ボタンの数に注目してみましょう。一般的なマウスの場合、右と左にひとつずつ。そして中央ボタンがひとつといったものが多いでしょう。しかしこれに加えて側面や中央部分にボタンが追加されているモデルもあります。副ボタンと呼ばれるこれらに自分が使いやすいキーやショートカットを割り当てれば、面倒な作業を効率化し、スピードアップが図れるでしょう。

キーボードについても同じように、さまざまなファンクションキーがついたものがあります。また、タイピングがしやすいよう、人間工学に基づいて設計されたものや、非常に小型のものまで種類はさまざま。ご自身の環境に合わせて選んでください。

◆その他にも便利なグッズはたくさん

 その他にも揃えておきたい周辺機器はたくさんあります。まずはデータの持ち出しを行う際に便利なUSBメモリやSDカード及びカードリーダー。USBポートが足りない時に利用するUSBハブ。パソコン本体の非力な音質をカバーできるマルチメディアスピーカーや、夏場にはうれしいUSB扇風機など、ショップを覗けばいろいろなものが見つかるでしょう。

実際には、これらの全てを用意する必要はありません。ご自身が必要と感じたときに購入すれば問題ありません。ただし、はじめから必要と感じている場合は、パソコンと一緒に購入しておいた方が無難でしょう。そして使用が可能かのテストもあらかじめ行っておくことで、突然の事態に備えられます。

特にノートパソコンはすでにオールインワンというコンセプトで作られているため、周辺機器については必要がないかもしれません。しかし、より良い作業環境を作ったり、とっさの事態に備えたりするためには、あらかじめ購入を検討しておくのも良いでしょう。