デジタルツールの写真

ワンランク上を狙う

 自分の中でデジタルツール選びの基準を定めることができたら、購入すべきアイテムがかなり絞られてくるでしょう。しかし、あえてそれよりもワンランク上のアイテムを狙うことによって、自分自身のスキルアップに繋げることもできます。自分にはこれで十分だ、と決めてしまう前に少しだけ考えてみましょう。

◆ワンランク上を目指せ

 自分の用途に合わせてツールを選んでしまうと、結果として自信のスキルアップを妨げてしまうこともあります。
たとえば、パソコンを購入する際、ワード・エクセル、そしてネット程度が使えれば十分、と考え、スペックの低いものを選んでしまったとします。確かに、現状では何の不満もなく使用することができるでしょう。しかし、それ以上のことをやってみようという気にはなれないはずです。ワンランク上のスペックのパソコンを選んだとしたら、そのスペックを活かすべく、画像や動画の編集に挑戦してみよう、DTMに挑戦しよう、という気になるかもしれません。
カメラにしても、ちょっとしたスナップ写真で良いから、と安価なコンパクトデジタルカメラを購入してしまうのではなく、ワンランク上のプレミアムコンデジやミラーレス一眼を選ぶことによって、より撮影のスキルを向上させようという意欲が湧いて来るでしょう。

◆所有欲を満たす=愛着

 ワンランク上のアイテムを手に入れることができれば、より所有欲を満たすことができるでしょう。そして、それがそのアイテムへの愛着となることもあります。結果として長く愛用することのできる相棒となってくれるかもしれません。 このような面でも、自分の基準ギリギリのアイテムを選ぶよりもワンランクだけ上のアイテムを狙う方がゆくゆくはお得です。
少しだけ背伸びすることは時には多くのメリットを与えてくれます。デジタルツールは新商品の登場のペースがとても速いため、型落ち品であれば同じ予算内でワンランク上のアイテムを狙うことは決して難しいことではありません。中古品なども視野に入れてみると、さらに選択肢は広がるでしょう。
アイテム選びの基準はあくまでも最低ラインであると認識することによって、もっと上手にデジタルツールを選ぶことができるようになるはずです。