デジタルツールの写真

元祖スマートフォン

デジタルツールの写真2 最近ではスマートフォンが携帯電話の主流となっています。各メーカーの新機種のほとんどがスマートフォンになっており、これから先で機種変更をする人のほとんどがこれを選んでいます。 そんなスマートフォンの元祖であるiPhoneですが、実際のところ本当に優れたツールなのでしょうか? まだスマートフォンを使ったことのない人の多くがこのような疑問を抱いているのではないかと思います。

◆元祖にして最高傑作

 たった1機種で多くのシェアを獲得しているiPhoneの魅力は単に「元祖」という名前だけではありません。 洗練されたデザインはもちろんのこと、直感的に操作することのできるインターフェイスやシステムは見事なものです。 一部では機能のカスタマイズが難しいとの声も上がっていますが、すべてのユーザーが求めているものではありません。iPhoneでは多くの人が箱を開ければすぐに利用することのできるスマートフォンを目指しています。 インターフェイスをシンプルなものにすることによって説明書を読むことなく、初めてでも直感的に操作することができてしまいます。これによって、ユーザーは分厚い説明書からも解放されます。 スマートフォンの元祖にして完成形となっているのがiPhoneです。

◆他の追随を許さない

 もちろん、androidやWindowsphoneも優れた機能を持っていますが、どうしてもiPhoneの二番煎じ的なイメージを払拭することができません。 元祖である存在があまりにも強いインパクトを持ってしまったため、一部のユーザーからみればまがい物にしか見えないのかもしれません。 これも、毎回情報を小出しにしながら注目を集めて、派手に発表するappleの戦略です。同様のスタイルのツールが発売されることはある程度予測がつきます。ですので、消費者に強烈なインパクトを与えることによって、iPhoneがオリジナルであると訴えかけてきました。 この戦略が見事に成功したことにより、他の追随を許さない独走態勢を作り上げることができたのでしょう。 iPhoneは確かに完成度の高いスマートフォンですが、機能的な面ではandroidやWindowsphoneなどに劣っている面も見られます。しかし、元祖という強いイメージによって所有する喜びをユーザーに与えることに成功しています。

 スマートフォンの購入を検討している場合、ほとんどの人がiPhoneも候補の一つに挙げるのではないでしょうか? たしかにiPhoneは優れたツールです。しかし、一度視点を変えて他機種と比較することができれば、もっとそれぞれの魅力に気付くことができるのではないでしょうか?