デジタルツールの写真

Microsoftの本気!最強のラップトップ・surfaceとは?

デジタルツールの写真2  MicrosoftはWindowsを作るだけのメーカー。そんなイメージはすでに過去のものかもしれません。同社が作り上げたSurfaceは、発売と同時に大きな話題となりました。今回は、このMicrosoft Surfaceについてのご紹介です。デバイス好きにとっては注目の一台となっていますので、ぜひご覧ください。

◆ソフトウェアメーカーだったMicrosoftがPC事業に進出!?

 そもそもMicrosoftは、冒頭でも触れたように元々はソフトウェアのメーカーです。Windowsやofficeなど、多くの人が利用するソフトウェアをこれまで数多くリリースしてきました。 ちなみに、ソフトウェア以外ではマウスやキーボードといったハードウェアについても取り扱いがありました。いずれも評判は上々で、Microsoftはアクセサリーメーカーとしても有名だったのです。 そんな同社が数年前にリリースをしたWindows8は、ある特徴を持っていました。すでに触れたことのある方ならおわかりでしょう。このOSは、タッチパネルに特化している、という特徴があったのです。 ですがその使い勝手は、すでにタブレット業界を席巻していたappleのiPadには遠く及びませんでした。また、Androidと比べても低評価に甘んじることが多かったようです。 MicrosoftはPCやタブレットメーカーではありません。そのため、ソフトウェアとハードウェアの間に大きな障壁ができてしまったのだと考えられています。

◆Windows8を知り尽くしているからこそできた最高のタブレットPC

 こうした経緯を受け、なんとかWindows8のすばらしさをユーザーに届けたいと考えたMicrosoftは次なる一手を打ちます。それこそが、同社初のPCとなるSurfaceです。

Surfaceの特徴はなんといってもWindows8が動くタブレットということです。以前のWindows7が搭載されたタブレットPCというのも確かにありました。しかし、Windows7は基本的にマウスとキーボードを使用するのが前提のOSだったため、その使い勝手は決して良いとは言えませんでした。

それに比べてSurfaceは、さすがWindows8を知り尽くすMicrosoftが作っただけあってすべての点が洗練されていました。タッチの感度はもちろんのこと、画面のサイズやインターフェイス、さらには筐体の質感にまでこだわったSurfaceは、ユーザーから高い評価を受けます。

さらには超薄型とも言えるキーボードがオプションで用意されていたため、「とにかく荷物は軽い方がいい」というユーザーの、タブレットに対するニーズも見事に満足させることに成功したのです。

Microsoftが満を持して開発・発売をしたSufaceは、今やタブレットのスタンダードモデルとしてのポジションを獲得しています。他社メーカーも数多くのタブレットPCをリリースしていますが、やはりSurfaceの人気には遠く及ばない、というのが実情でしょう。2015年現在では、Surface pro3及び、Surface3が店頭に並んでいます。今後リリースされるであろうSurface4を含め、要注目のデバイスと言えるでしょう。