デジタルツールの写真

ミラーレスはいつが買い時?今でしょ!

デジタルツールの写真2  近年高い人気を集めているミラーレス一眼は、多くのメーカーが特に力を入れているカテゴリーで、次々に新製品が登場しています。しかし、そのサイクルが早すぎて買い時が解らなくなってしまうという人も少なくありません。 本格的な一眼レフに比べれば価格も安くなりましたが、レンズも併せて購入しなければなりませんので、コンパクトデジタルカメラのように気軽に買える額ではありません。だからこそ、なおさら迷ってしまうのかもしれません。ミラーレス一眼の買い時とはいつなのでしょう?

◆全メーカーから機種の出そろった今が買い時?

 初期の頃はミラーレス一眼といえば、オリンパス、パナソニックの2社の独占状態となっていました。当時、選択肢としては、本体ではPENシリーズかルミノックスシリーズ、そしてレンズのマウント方式はマイクロフォーサーズのみに限られていました。
しかし、ここ数年でニコン、キャノンの2強をはじめ、ペンタックス、リコー、ソニーと主要メーカーからさまざまなタイプのモデルが出揃い、従来よりも格段に消費者の選択肢は増えました。

◆価格も落ち着いてきた

 機種の少ないころは、それほど値崩れすることもありませんでした。しかし、新製品が次々に登場することによって、徐々に安価に購入することができるようになってきています。
また、主要モデルと同時に、低価格帯のエントリーモデルも充実してきていますので、価格的にも今がもっとも安定している時期であると言えるでしょう。
また、新商品発売のサイクルも短くなってきていますので、型落ち品を安価に購入するチャンスも多くなっています。中古市場に多くのミラーレス機が登場し始めていますので、ネットなどを駆使して情報を集めればかなり安価に購入することができるでしょう。

選択肢、価格の面から見れば、ミラーレス一眼はまさに今が買い時であるといえるでしょう。しかし、購入する際には決して焦らず、各メーカーの各モデルの特徴などをしっかりと知った上で自分に合ったモデルを選ぶようにすべきです。
同じミラーレスというカテゴリーであっても、センサーサイズやレンズのマウント方式、そしてさまざまな機能面で大きな違いがあります。今から購入を考えるのであれば、その時期よりも、こちらの方が重要となります。