デジタルツールの写真

ストレスフリー?ワイヤレスイヤホンのメリット、デメリット

デジタルツールの写真2  スマートフォンの普及により音楽再生デバイスを別途用意する必要がなくなった現在、音楽を聞くという行為はより生活に身近なものとなりました。通勤、通学など移動中に音楽を楽しむ際にイヤホンは必要不可欠なアイテムです。

現在は各メーカーから有線式イヤホンはもちろん多数のワイヤレスイヤホンがリリースされています。今回はそんなワイヤレスイヤホンのメリットや、ワイヤレスイヤホン購入の際に留意しなくてはならない点をいくつかのポイントにまとめてご紹介します。

◆メリットはズバリ「ワイヤレスであること」

 有線式のイヤホンは断線しやすいものです。どんな高級なイヤホンでもよほど大切に扱わなければ、片耳が聞こえなくなるなどといった症状が出てきてしまいます。有線式の運命と言ってもいいでしょう。その点ワイヤレスイヤホンであれば絡まり、断線といった心配は有線式のものほどはありません。

比較的割高な価格設定をされているワイヤレスイヤホンですが、有線式のものより長持ちすると考えれば損をする買い物ではないということです。再生デバイスに直接差し込む必要がないというのもワイヤレスイヤホンの大きなメリットです。有線式のものであればデバイスに繋がったケーブルが物理的なストレスになってしまいますが、ワイヤレスイヤホンであればそういったわずらわしさはありません。運動や、料理など動きまわりながら音楽を聞くことが多い方にはうってつけと言えます。

◆安定性や音質では劣る?

 ストレスフリーなワイヤレスイヤホンですが残念ながらメリットばかりではありません。 ワイヤレスである以上イヤホン自体のバッテリーが十分に充電されていなければ使うことができません。バッテリーの持続時間も長時間音楽を聞く人であれば物足りなく感じる可能性があります。また、充電しながら使用できないものがほとんどとなっていますので家の中でじっとして音楽を聞くという場合は有線式のものに軍配が上がります。音質の面でも現在は発展途上の段階で、有線式のものにわずかながら劣っているようです。

細かな音質の差にこだわるオーディオマニアの方であればワイヤレスイヤホンは残念ながら選択肢から外れてしまうでしょう。動画を見ながら音声をイヤホンで聞く場合も動画に対してほんの少し遅延が発生してしまいます。映画等で声と音声のタイミングに微妙なずれが生じ、違和感を感じる結果になりかねません。実際に音を聴ける状態にするためにはイヤホンとデバイス間でペアリングという作業が必要になりますが、この作業も人によっては煩わしく感じるかもしれません。またデバイスとのペアリング相性によっては、雑音や音声の途切れといった致命的な欠陥が発生してしまう場合があります。

音楽が好きな方であれば、音が出る機器にはこだわりたいところです。現在ではスピーカー、ヘッドホン、イヤホンそれぞれに有線式のものとワイヤレスものがありますが、それぞれに良さがあります。ワイヤレス製品は毎年シェアが大きく変わるほど競争が激しく、開発途上の段階です。バッテリーや音質も近年は有線式のものに迫る勢いになってきていますし、何よりワイヤレスであるメリットは何にも買えられないほど大きいものです。気になる製品がある場合はレビューサイトなどで評判をチェックして購入の検討材料にするとよいでしょう。